ABOUT | 株式会社 九州ベジフル

⑤    パプリカ 代表生産者 吉岡さん・緒方さん JA鹿本(熊本市植木町)

現在国産のパプリカは大変少なく、消費量の9割を外国からの輸入に頼っています。熊本もJA管轄の生産地は2か所しかありません。熊本のパプリカは、果肉が厚く甘みがありジューシー。苦味や青臭さが少ないので、サラダなどの生食や火を通すとさらに甘さが増しておいしくいただけます。

⑥    人参 吉岡さん(菊池郡菊陽町)

熊本県内最大の人参の産地である菊陽町。世界最大級のカルデラと雄大な外輪山からなる阿蘇の伏流水は、日本名水百選に選ばれた白川水源を源流に持つ白川の水を生み出しています。そのミネラル分を多く含んだ白川の水と、吉岡さんのこだわりである米ぬかをたくさん使用した畑で、おいしい人参ができあがります。とても色が鮮やかで濃い紅色をしており、甘みも強く人参嫌いな子供でもおいしく食べやすい人参です。甘いので生のままジュースしたり、他の野菜やフルーツとスムージーにしてもおいしくいただけます。

⑦   大根 青木さん(上益城郡益城町)

世界最大級のカルデラと雄大な外輪山からなる阿蘇の麓にある益城町。この大地は、火山灰が堆積して出来た黒ボク土で有機物が豊富です。その肥沃な大地の畑に青木さんはさらに有機質肥料を使われることで、甘みが強くみずみずしい大根になります。くえぐみも少ないので生食でもおいしくいただけます。

⑧    レタス 太田さん(八代郡氷川町)

八代海にせり出すように埋め立てられた約400ヘクタールの広大な不知火干拓地。そこに広がる広大な畑に、太田さんのレタスが青々とした葉を茂らせます。冬でも温暖な海洋性の気候と、海のミネラルがたっぷり溶け込んだ干拓地特有の畑で育ったレタスは、特有の苦みが少なく甘みがあるのが特徴です。

⑨キャベツ 代表生産者 豊本さん 梅田さん 石田さん JAやつしろ(八代市鏡町)

熊本県内最大の秋冬キャベツの産地である八代市は、全国随一の若手後継者がおられる地域です。その若手後継者を中心とした生産者さんが、八代平野の温暖な気候に寄り添いながら、目をかけ手をかけることでフレッシュに根太くギュッとしまった綺麗なキャベツができあがります。さらに、清流球磨川と干拓地の海のミネラルの恵みを受けていて、噛めば噛むほど甘さが染み出します。